kitanihonsyoudoku.co.jp
北日本消毒
pestcontrol professional
 
北日本消毒 KITANIHON SYOUDOKU 北日本消毒は、官公庁・学校・病院・ホテル・旅館・ビル・食品工場・工場倉庫・一般家庭まで、トータルな環境衛生パートナーを目指します。
Vol.7[H17.12月号] ゴキブリ
今月のニュース速報
「ゴキブリ」 今月はゴキブリについてお話しいたします!!
ヤマトゴキブリ 日本在来種で、最も北方に産する種。 オスの成虫はクロゴキブリを小さくやや細めにした形で、メスは羽が短く膨れた腹部の半分くらいの長さです。 半屋内性といった性質で家の台所で見つかる事が多く、主に秋〜春にかけてで、夏季には屋外の積み上げた木の隙間や樹皮の隙間などで暮らしている事が多い。
クロゴキブリ 成虫の体長は30〜38mmに達する大型種で、アメリカ南部、中国などに分布し、日本へは中国南部から移住した種と考えられています。 一般住宅に多く、黒光りした大型種でゴキブリの代表的な種類です。 寒さに比較的強く、最近では南は奄美大島から北は北海道の人家にまで住み着いています。
ワモンゴキブリ 屋内性のゴキブリでは最も大型種で成虫の体長は40〜48mmに達します。 体は全体が淡褐色で胸部周辺に黄褐色のリング状の斑紋があるのでこの名があります。 寒さに弱く、20℃以下では活動できません。 少ないながらも北海道でも記録されています。 1世代に約1年間かかり、成虫の寿命は3年以上に及びます。
チャバネゴキブリ 成虫の体長は10〜15mmの屋内性では最も小型の種類です。 世界中の屋内に分布する代表的なゴキブリで、アフリカ原産と考えられていますが、野生種が発見されず定かではありません。 寒さに弱く、特に暖房設備のいいビル、飲食店、病院、等で見られるゴキブリはたいてい本種です。

当社消毒スタッフからの一言
小樽市内でもほとんどがチャバネゴキブリが主に生息していて、夏季よりも冬季に最も依頼が多く、 建物の中では暖房を焚くので気温が一定状態になると繁殖も早く、放っておくと大変な事態になりますのでお困りの際はまず、当社へご相談ください!!


バックナンバー H17.06月 H17.07月 H17.08月 H17.09月 H17.10月 H17.11月 H17.12月 H18.01月 H18.02月 H18.03月 H18.04月 H18.05月 H18.06月 H18.07月 H18.08月 H18.09月 H18.10月 H18.12月 H19.01月 H19.04月 H19.07月 H19.10月 H19.11月 H19.12月 H20.01月 H20.02月 H20.03月 H20.04月 H20.05月 H20.06月 H20.07月 H20.08月 H20.09月 H20.10月 H20.12月 H21.02月
まめ知識
まめ知識
COLUMN
会社概要
会社概要
OUTLINE
事業案内
事業案内
workJOB
ワークフロー
ワークフロー
workFLOW
社史
社史
HISTORY
サービス
サービス
SERVICE
ご意見・ご質問
メール
Q&A
環境方針
環境方針
e-policy
リンク
リンク
LINK
トップページ

Copyright 2004 KITA NIHON SYOUDOKU corporation.All rights reserved

トップページ トップページ トップページ