kitanihonsyoudoku.co.jp
北日本消毒
pestcontrol professional
 
北日本消毒 KITANIHON SYOUDOKU 北日本消毒は、官公庁・学校・病院・ホテル・旅館・ビル・食品工場・工場倉庫・一般家庭まで、トータルな環境衛生パートナーを目指します。
[H20.08月号] これからの季節
今月のニュース速報

今月は毒蛾の大量発生について特集します

暑さもだんだん厳しくなってきて夏バテという方も多いのではないでしょうか?テレビでは異常気象のニュースも少なくはありません。 小樽でも、急な気温の変化が感じられていますがそんな中、最近では毒蛾の異常発生が多く見受けられます。そこで今回は、毒蛾について特集したいと思います。

毒蛾は鱗翅目の仲間の昆虫で、日本から50種類あまりが知られており、そのうち毒蛾属は10種類ほどいます。 毒蛾科の中でも激しい皮膚炎を起こす原因である毒針毛をもっているのは毒蛾属の蛾の幼虫だけです。 北海道で普通に見られる毒蛾属には、毒蛾のほかにモンシロドクガやキドクガがあります。 毒蛾は、北海道から九州にかけての日本と朝鮮半島から中国・シベリア南東部にかけて分布します。


外壁に張り付いている毒蛾

地面に散乱する毒蛾の死骸
みなさんのお宅では大丈夫ですか? お困りの方はまず、当社へご相談下さい!

今年、小樽ではアリの発生も多いようです!!

今年も、シロアリ等の駆除の依頼も多く、今の季節ではトビイロケアリの発生も目立っています。 トビイロケアリの被害は、屋内によく侵入して、食品のほかにいろいろな物に群がり、不快となります。 時には食品や電気製品の中にも迷入し、ハネアリは大量に照明に飛来します。 人への害は、皮膚の柔らかいところを刺される事があり、大人では軽い痛みを感じるだけですが乳幼児には注意が必要です。



幼虫の世話をするトビイロケアリの女王アリ。
結婚飛行後、小さな巣穴に閉じこもり卵を産む。


バックナンバー H17.06月 H17.07月 H17.08月 H17.09月 H17.10月 H17.11月 H17.12月 H18.01月 H18.02月 H18.03月 H18.04月 H18.05月 H18.06月 H18.07月 H18.08月 H18.09月 H18.10月 H18.12月 H19.01月 H19.04月 H19.07月 H19.10月 H19.11月 H19.12月 H20.01月 H20.02月 H20.03月 H20.04月 H20.05月 H20.06月 H20.07月 H20.08月 H20.09月 H20.10月 H20.12月 H21.02月
まめ知識
まめ知識
COLUMN
会社概要
会社概要
OUTLINE
事業案内
事業案内
workJOB
ワークフロー
ワークフロー
workFLOW
社史
社史
HISTORY
サービス
サービス
SERVICE
ご意見・ご質問
メール
Q&A
環境方針
環境方針
e-policy
リンク
リンク
LINK
トップページ

Copyright 2004 KITA NIHON SYOUDOKU corporation.All rights reserved

トップページ トップページ トップページ