kitanihonsyoudoku.co.jp
北日本消毒
pestcontrol professional
 
北日本消毒 KITANIHON SYOUDOKU 北日本消毒は、官公庁・学校・病院・ホテル・旅館・ビル・食品工場・工場倉庫・一般家庭まで、トータルな環境衛生パートナーを目指します。
[H19.11月号] 不法投棄問題
今月のニュース速報

今月の速報は、当社で手がけております、産業廃棄物について特集します。 不法投棄問題
当社がこの業務を始めるに当たっては、いくつかの社会的な背景があります。

  • 産業廃棄物の排出量と比較して、同一県内にある産業廃棄物の処分場の慢性的に不足。処理技術の向上による処理費用の増加。
  • トラック輸送の低価格化による燃料費削減を目的とする不正軽油の利用により、その密造に伴う有害廃棄物の発生。

このような背景の中、法令等に定められた処理をせず、不法投棄をする排出事業者や処理業者が後を絶ちません。その件数は、量の少ない物を含め、1年に1000件を越えるといわれます。

これらの問題を受けて当社は、自然環境等を保護し適切な運搬、適正な価格で収集運搬業を行っております。
当社許可証 専用運搬車 廃蛍光管

産業廃棄物(さんぎょうはいきぶつ)とは、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第2条第4項で、次に掲げる廃棄物をいう。「産廃」(さんぱい)と略される。

  • 事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物
  • 輸入された廃棄物(船舶及び航空機の航行に伴い生ずる廃棄物(政令で定めるものに限る。廃棄物処理法第15条の4の3第1項において「航行廃棄物」という。)並びに本邦に入国する者が携帯する廃棄物(政令で定めるものに限る。同項において「携帯廃棄物」という。)を除く。)をいう(廃棄物処理法第2条4項)。

産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性など人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがあるものを特別管理産業廃棄物という。

家庭等から排出される一般のごみ(一般廃棄物)は市町村に処理責任があるのに対し、産業廃棄物は排出事業者に処理責任があります。法的に取り扱いが異なるため、廃棄にあたって


バックナンバー H17.06月 H17.07月 H17.08月 H17.09月 H17.10月 H17.11月 H17.12月 H18.01月 H18.02月 H18.03月 H18.04月 H18.05月 H18.06月 H18.07月 H18.08月 H18.09月 H18.10月 H18.12月 H19.01月 H19.04月 H19.07月 H19.10月 H19.11月 H19.12月 H20.01月 H20.02月 H20.03月 H20.04月 H20.05月 H20.06月 H20.07月 H20.08月 H20.09月 H20.10月 H20.12月 H21.02月
まめ知識
まめ知識
COLUMN
会社概要
会社概要
OUTLINE
事業案内
事業案内
workJOB
ワークフロー
ワークフロー
workFLOW
社史
社史
HISTORY
サービス
サービス
SERVICE
ご意見・ご質問
メール
Q&A
環境方針
環境方針
e-policy
リンク
リンク
LINK
トップページ

Copyright 2004 KITA NIHON SYOUDOKU corporation.All rights reserved

トップページ トップページ トップページ